土質改良機を利用【仕事の効率化につながる】

ニュース一覧

重機

レンタルか新車か

土質改良機は土の質を改良するもので重機の中でも特殊なものです。高額なこともあり、レンタルや中古で購入することを考えるという会社も多いです。それぞれメリットデメリットがあるので、それらを考慮して選びましょう。

詳しく見る

作業員

リサイクル率を向上します

工事現場で出る土砂のリサイクル率は目標に達していませんが、土質改良機を使えば手間のかかる事前準備が必要なくなるためリサイクル率向上に寄与します。また、自走式の土質改良機を使えば、ダンプで土砂を運ばずに現場で再生土を作ることができます。

詳しく見る

作業員

自走式が大前提

土質改良機を選ぶときには、使い勝手が良く設置や撤去が簡単な自走式のものを選ぶべきで、2つのメーカーが作っていますが慣れている方を選ぶとよいでしょう。慣れているものがないときには、混合室に違いで選ぶようにしてください。

詳しく見る

重機

土質を改良する時の選択肢

建設現場で土質の改良が必要な時は土質改良機を使います。新車とレンタルと中古の選択肢がありますが、新車なら売却時に高く査定されます。レンタルと中古は土質改良機を使う期間によって決めます。1年間使用するなら中古の方がコストが安くなります。レンタル会社が少ないので必要な時に借りられないことがあります。

詳しく見る

重機

清掃とメンテナンスが重要

土質改良機は頑丈に作られていますが、混合室の負担が大きく、大きな故障になってしまうと修理代がかさむので日頃のメンテナンスとチェックが大切です。カッターやハンマーの摩耗が進んでいないかチェックし、固化剤が残らないようにしっかり洗浄するようにしてください。

詳しく見る

工事の土砂の再生方法

女性

自走式の強みを生かす

工事現場では大量の土砂やガレキが発生し、その多くは再生土として盛り土などに利用されています。そこで活躍するのが土質改良機で、工事現場で発生した土砂と石灰やセメントなどの固化剤を使って、再利用できる品質に改良するための機械です。土質改良機には定置式のものもありますが、機動性が高く工事現場を行き来することができる自走式土質改良機の人気が高く、採用割合がどんどん増加しています。自走式土質改良機は、プラントが建設できない狭い所や海岸沿いや堤防でも現地で稼働することができます。構造は走行部分と土質改良部分に分かれていて、クローラ形式で走行し、長距離走行も可能です。土質改良部分は、供給部分と処理部分、それに排出部分に分かれ、メーカーによる違いは処理部分に大きな違いがあります。土質改良機を使わないで再生土を作成するには、事前に原料を整形したり固化剤を散布しなければいけませんが、土質改良機ではキャリブレーションを実施していれば連続処理で再生土を作ることが可能です。原料や固化剤に変化がない限り、固化剤の供給は自動的に制御されるのでオペレーターの細かな手動制御は必要ありません。固化剤に使われる石灰やセメントは飛散しやすいものですが、土質改良機内のタンクに入れておき、直接混合機に供給されるため飛散せず周囲への影響を気にする必要がありません。自走式土質改良機はプラントと同程度の良質な再生土が作れる上に最大のメリットである設置や撤収が簡単といった特徴もあります。

Copyright© 2018 土質改良機を利用【仕事の効率化につながる】 All Rights Reserved.