土質改良機を利用【仕事の効率化につながる】

ニュース一覧

自走式が大前提

作業員

慣れている方を選ぶ

土質改良機は石灰やセメントといった固化剤を使って、工事現場や建設現場で発生した残土を盛り土などの使える再生土に改良するための機械です。土質改良機には固定式のものもありますが、設置や撤去が簡単で使い勝手の良い自走式の土質改良機の人気が高いです。自走式の土質改良機を販売している業者はいくつかありますが、OEM販売のものもあるため、製造しているメーカーは2社になります。その2社ともに土質改良機としての性能は甲乙つけがたく、耐久性や再生土の質についても充分な性能を誇っています。これまでに自走式の土質改良機を使っていて、慣れているメーカーの方を選べば良いのですが、慣れていない場合は混合室の仕組みの違いで選ぶとよいでしょう。1つめのメーカーの混合室では、カッターとハンマーを使い、大きなガレキでも叩き壊しながら混合する仕組みを取っています。これまで土質改良をするときには大きな石や岩ははじいてから混合しなければいけませんでしたが、このメーカーの土質改良機を使えば原料の選別は最小限ですませることができます。ただし、シャフトに負荷がかかるためあまり大きなガレキが入るとカッターやハンマーが破損してしまうことがあります。一方、もう1社の土質改良機はシャフトにパドルがついていて、固化剤と残土の混合が効率良くできます。大きめの岩やガレキを選別する前処理が必要になりますが、その分良質な再生土が作れる特徴があります。

Copyright© 2018 土質改良機を利用【仕事の効率化につながる】 All Rights Reserved.