土質改良機を利用【仕事の効率化につながる】

ニュース一覧

土質を改良する時の選択肢

重機

レンタルと中古の選び方

建設現場などで土質を改良する場合に使われるのが土質改良機です。土質改良機を導入する場合、3つの選択肢があります。新車の土質改良機を購入する方法、レンタルする方法、中古の土質改良機を購入する方法です。いずれの場合もチェックポイントがあります。新車を購入する場合は導入コストがかかりますが、売却する時に高い査定額がつくというメリットがあります。故障や不具合がないという安心感があり、万一の時は保証期間内なら無料で修理をしてもらえます。ただし新車の場合は早めに予約を入れないと納車に時間がかかります。必要な作業に間に合わないケースも出てきます。モデルによっては1年ぐらいかかることもあるのです。新車を購入しない場合はレンタルか中古の購入になります。どちらを選ぶかは、土質改良機を使用する期間によります。建設現場の範囲が広くて1年以上使用する場合は、レンタルよりも中古を購入した方がコストが安上がりになります。土質改良機は重機なのでレンタルしている会社が少なく、必要な時に借り出されていることも多いです。1回の平均的なレンタル期間は2週間から1ヶ月なので、その間待たなくてはならないこともあります。土質の改良が必要だとわかった時点で予約を入れておくことが必要です。土質改良を事業の一環としてやっていく場合は中古の土質改良機を購入した方が、今後の仕事にも何かと便利です。中古なら新車より安く購入できますし、アフターケアのしっかりした業者を選べばよいのです。

Copyright© 2018 土質改良機を利用【仕事の効率化につながる】 All Rights Reserved.