土質改良機を利用【仕事の効率化につながる】

ニュース一覧

清掃とメンテナンスが重要

重機

混合室に負担がかかる

土質改良機は工事現場で出た残土を石灰やセメントと混ぜ合わせて埋め立て用の土にリサイクルする機械です。土質改良機は過酷な現場で使用されることを想定されているので、頑丈に作られてはいますが、摩耗が激しい混合室の調子が最も悪くなりやすいです。土質改良機の混合室はある程度の大きさの小石や礫は砕いて処理をしてくれますが、あまりに大きい場合は混合室の負担が増えて、凹みや故障の原因となります。スクリーンでできるだけ大きめな石は取り除くようにして、下処理を怠らないようにしましょう。ちょっとした故障であれば、修理費はそれほどかかりませんが、交換が必要なほど壊れてしまうと修理費が膨大になってしまうので、日頃からメンテナンスや目視で問題がないことを確認するようにしましょう。土質改良機の一日の稼働が終わった後には必ず清掃や洗浄を行い、特に混合室はまめに行うようにしてください。固化剤に使われている石灰やセメントは水分と交わることによってこびりついてしまい、簡単にはとれなくなってしまいます。固着してしまう前に婚プレッシャーを使って洗浄するようにしてください。混合室で最も摩耗が激しいのがカッターやハンマーになりますので、交換用の新品を用意しておいて比較することにより摩耗の度合いをチェックするようにします。摩耗が交換の目安までいっていたら早めに交換した方が大きな修理にならないため長い目で見れば、修理費を安くすることができます。

Copyright© 2018 土質改良機を利用【仕事の効率化につながる】 All Rights Reserved.